よくある質問集 #1 (ベトナムEC進出検討中の方のよくある質問)

 

こんにちは!ベトナムEC展開のワンストップソリューションにて日本企業様をお手伝いさせて頂いております LOVESHOPPINGの岡本です!

ベトナムEC進出をご検討の方からのご相談が最近ものすごく増えておりますので、よくある質問集を作らせていただきました。定期的に追加更新させて頂きます。最後に私の連絡先も掲載しておりますので、日本語でお気軽にご相談ください。

 

 

Q. ベトナムのECサイトの人気はどこですか?

-> Shopee, Tiki が2トップだと言われています(2021年3月現在)。基準によりランキングの入れ替わりはもちろんありますが、ここ最近落ち着いているがこの2トップです。他にも、Lazada, Sendoなどあります。

 

 

Q. ベトナムの経済は今とてもアツいと聞くので、とりあえずECサイトに掲載しようと思っています。マーケティング予算は特にないですが大丈夫ですよね?

-> ベトナムの経済をアツいを考える企業様は非常に多く、世界中から注目されています。各国・多数企業から注目されていることで、アツいマーケットではありますが、競争もかなり熾烈になってきています。中国企業や韓国企業は大規模なマーケティング予算を使い「量」で攻めてくるので、日本企業としてはいかに「マーケティング予算を確保するか」と「戦略的にPDCA」を回せるかが大切です。

 

 

Q. ベトナムって親日ですし、日本製って言えば割と売れますよね?

-> ベトナムは親日とは言いますが、新韓でもあります。例えば、信頼性でいえば日本ということは確かですが、韓国との差はかなり縮まってきています。そして、韓国といえばファッション・トレンドの発信地。化粧品などであれば、日本製=売れるの構図は成り立ちづらいのが現状です。だから、諦めて下さいということではなく、LOVESHOPPINGと一緒に戦略を考えて限られた予算で勝つ方法を一緒に組み立て共にマーケットシェアの獲得を目指しましょう。

 

 

Q. 中国で成功したので、ベトナムでも越境ECで攻めていきたいです

->中国での成功事例にはベトナムでも活かせる多くの学びがあると考えます。ただ、通常の越境ECだとルールから考えるとかなり難易度が高いと考えます。難易度と言っても販売者側ではなく、購入者側の難易度が高いのです。税関までは日本から簡単に遅れるのですが、税関で引っかかるケースが非常に多いです。よくあるのは、税関で止められて空港の裏の物流倉庫のようなところに出向いて商品の説明や、金額など細かく説明する必要があります。そこで納得が得られれば必要な費用をお支払いして、後日指定住所に配送してもらえるという形です。LOVESHOPPINGでは、日本側のパートナーと連携しつつ、配送から受け取りまで購入者さんにご迷惑をおかけしない形での配送対応も一緒に検討させていただきます。越境よりも基本的には、LOVE SHOPPINGのような現地パートナーと連携してトラブルの少ない物流設計を実現させることをお勧めします。

 

 

お問い合わせ

Love Shopping 責任者・岡本

Email: yuya.okamoto@mcvnetworks.com

 

ご連絡いつでもお待ちしております。

 

 

← Bài trước Bài sau →